西脇の小中高生がまちなかのお店を取材、オリジナル・ポスターを制作し店主にプレゼント!

ひねりが効いてクスッと笑え、ほっこり温かい気持ちになる広告ポスターの数々。 2012年・大阪市浪速区の新世界市場から始まり、全国あちこちの商店街を元気にしている話題の「商店街ポスター展」が西脇に!

「商店街ポスター展」の仕掛け人であるコピーライター日下慶太さんもアドバイザーとして参加、生徒たちは日下さんの盟友である大森康弘さんはじめ広告表現の世界で活躍している地元出身・在住のクリエイターたちの指導を受けながら瑞々しい感性でアイデアをカタチにしてゆきました。

『ヘソノオMAGAZINE』では、制作進行の模様を密着取材、完成した全ポスター作品を誌面に一挙掲載しています!

投票結果はこの2月1日に市の茜ヶ丘複合施設「Miraie(みらいえ)」の多目的ホールにて発表、得票の多かったポスター作品の生徒が表彰されることになっています。

関連記事

  • 関連の記事はまだありません。